ふるさわ革工芸の紹介

店主は東京下町の三代目革職人。2007年に千葉県松戸市に、夫婦ユニットでオリジナルの革小物を製作する革工房として新たなスタートを切りました。

長年従事した経験と技術をもとに、さらに独自のアレンジを加え、現代にも通用する新しい作品を作りだしています。

また、昭和の古き良き時代に作られていた昔懐かしいデザインも大切にしています。
各種イベントや催事などに出店して、 直接販売を中心に活動しています。

作品の在庫については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。